> 合宿・宿泊施設検索 > 教育旅行・体験学習プログラム > No.624:中間貯蔵工事情報センター(環境省 JESCO)(双葉郡大熊町)

教育旅行・体験学習プログラム

No.624中間貯蔵工事情報センター(環境省 JESCO)(双葉郡大熊町)

学びの狙い

福島県内の除染で発生した除去土壌等を安全に貯蔵する中間貯蔵施設の解説
※高校生以上のプログラムとなります

中間貯蔵施設は、福島県内の除染で発生した土壌等を最終処分するまでの間、安全かつ集中的に貯蔵するための施設。中間貯蔵工事情報センターでは、中間貯蔵施設の概要、工事の進捗や除染土壌等の処理の流れを展示や映像等で学ぶことができます。

プログラムデータ

エリア 相双
目的 震災・防災学習
お問い合わせ中間貯蔵・環境安全事業(株)(JESCO) 中間貯蔵工事情報センター
〒 979-1302 福島県双葉郡大熊町小入野字向畑256
TEL 0240-25-8377
FAX 0240-25-8378
メールアドレス johocenter@jesconet.co.jp
ホームページ http://www.jesconet.co.jp/interim_infocenter/index.html
アクセス・常磐自動車道 大熊ICから車で約10分、常磐富岡ICから車で約12分
・常磐線大野駅から車で約10分(タクシーは常駐していなため、事前連絡が必要です。)
一般旅行者の受入
受入可能期間通年  ※休館日 日曜・月曜(月曜日が祝日の場合は、翌平日)、年末年始
受入可能時間10:00~16:00
一回あたりの人数12名(現在、新型コロナ対策のため人数を制限しています。12名を超える場合は、個別にご相談ください。)
一回あたりの所要時間■中間貯蔵工事情報センター  見学所要時間 30分程度 ■中間貯蔵施設区域内の見学  中間貯蔵施設区域内の見学を希望される場合は、個別に相談願います。
料金無料
具体的な内容■中間貯蔵工事情報センター展示概要
 5つのコーナーに分かれております。 
 ①映像でみる中間貯蔵施設
 ②展示コーナー
 ③映像上映コーナー
 ④大熊町・双葉町コーナー
 ⑤放射線モニタリング情報

■その他
 中間貯蔵施設見学会を月に4回実施しています。
工事エリア内にある受入・分別施設、土壌貯蔵施設等を車窓からご覧いただきます(一部降車あり)
備考※上記住所は帰還困難区域のため郵送物は届きません。郵便物は、以下の住所に送付願います。
〒979-0603
福島県双葉郡楢葉町大字井出字堂ノ前25-4竜田イーストビル3階)
海外旅行者の受入

アクセスマップ

ほかの体験プログラム登録件数 430件

対象件数 57件

17~24件