福島県観光物産交流協会 総務部ホームページへようこそ
公益財団法人福島県観光物産交流協会
協会についてリンク集お問い合わせ一覧トップページ
浄土平レストハウスくろがね小屋天鏡閣迎賓館

福島県迎賓館
福島県迎賓館 外観
お問い合わせは天鏡閣まで。
ご紹介建物の概要観覧期間イベント情報アクセス
福が満開、福のしま。

イベント情報

■『福島県民の日記念イベント』開催のお知らせ
天鏡閣および福島県迎賓館では8月20日(土)、21日(日)に『福島県民の日記念イベント』を開催いたします。

【8月20日(土)】

◇福島県迎賓館特別公開※要予約

福島県迎賓館ガイド付見学(冷茶セット付)+天鏡閣ガイド付見学
午前の部10:00/午後の部13:00
定員:各回30名
参加料(税込):780円(天鏡閣入館料360円+冷茶セット420円)

◇お問い合わせ・お申し込み
天鏡閣 TEL0242-65-2811

松の間

 

【8月21日(日)】

◇天鏡閣無料開放日

福島県民の日を記念して終日無料開放いたします!
8:30〜17:00

◇福島県迎賓館特別公開〜和楽の調べと夏のお茶席〜※要予約

福島県迎賓館ガイド付見学(和楽の演奏+お茶席)+天鏡閣自由見学
午前の部10:00/午後の部13:00

出演:都山流尺八教室 荘友会
郡司荘山
生田流箏曲福島正絃社郡山教室 佳寿美会
かすみッ子
かすみちゃん
お茶席:茶道裏千家淡交会 熊倉宗久社中

定員 各回30名
参加料(税込):420円(天鏡閣入館料無料+お茶席420円)
9:30〜15:30天鏡閣〜福島県迎賓館間をジャンボタクシーによる無料シャトル運行を行います。

◇いなわしろ民話の会「昔語り」

猪苗代にまつわる昔語りをお楽しみください。
10:00〜14:00
会場:天鏡閣庭園

◇お問い合わせ・お申し込み
天鏡閣 TEL0242-65-2811

天鏡閣 和楽 お茶会 民話

 

*体験コーナー*
8月20日(土)、21日(日)
10:00〜15:00

◇葉っぱスタンプdeエコバッグ体験

葉っぱスタンプで自分だけのオリジナルエコバッグを作りましょう。
所要時間:約20分
体験料(税込):700円
講師:特定非営利活動法人おーでらす

◇コケ玉づくり体験

暑い夏におすすめの体験メニューです。
初めての方でも簡単に作れます!
所要時間:約30分
体験料(税込):870円
講師:室井新一郎

エコバック コケ玉

 

◇お問い合わせ・お申し込み
天鏡閣 TEL0242-65-2811

福島県民の日記念イベントチラシ(pdf)

■福島県迎賓館特別公開のお知らせ

国指定重要文化財 福島県迎賓館の魅力を紹介するために、今年も期間限定で特別公開いたします。

日 時:平成28年
5月13日(金)〜6月30日(木)
8月20日(土)・8月21日(日)
9月10日(土)〜10月31日(月)
11月3日(木)

※8月20日、8月21日、11月3日はイベント開催につき観覧時間等が異なります。
お申込みの際にお問い合わせ下さい。

開始時間:午前10時〜2時間程度
(9時45分 天鏡閣受付集合)

会 場:福島県迎賓館・天鏡閣
内 容:福島県迎賓館ガイド付見学、天鏡閣ガイド付見学+ロイヤルティータイム
参加料:
(税込)
一般980円、高校生830円、小・中学生720円
(天鏡閣入館料、ティーセットを含む)

定 員:各日30名

松の間

 

  • ※天鏡閣とセットでのご見学となります。
  • ※事前に予約が必要です。観覧希望日の2日前まで受付いたします。
  • ※小学生以下は大人の同伴が必要です。

福島県迎賓館特別公開チラシ(PDF/376KB)

◇お問い合わせ・お申し込み(ご見学のご相談承ります。)
天鏡閣 TEL0242-65-2811

■福島県迎賓館利活用のご案内

福島県迎賓館の文化財の魅力を引き立たせてくれる作品展示会や演奏会をされる団体を募集しています。ただし、事前に迎賓館共催申請による承認が必要です。

手続きなど詳しくはこちらをご確認ください。

ページトップ

ご紹介

 旧高松宮翁島別邸(以下「別邸」という)は、大正天皇第三皇子・高松宮宣仁親王殿下(たかまつのみやのぶひとしんのうでんか)が、喜久子妃殿下の母方祖母に当たる有栖川宮威仁親王妃慰子殿下(ありすがわのみやたけひとしんのうひやすこでんか)の御保養のために、大正11年に建設されたものである。
 当時、既に有栖川宮別邸としてルネッサンス様式を取り入れた洋風建築・天鏡閣(明治41年建設)はあったものの、高松宮宣仁親王殿下は御還暦前の慰子妃殿下を気遣われ、御用地内で猪苗代湖を南東面にひらき、磐梯山を北面に望む、天鏡閣の南方位300mの一段低い景勝の地を御選定され、自然石を基礎とし、自然の景観を庭園に見立てた純日本風のたたずまいを有する別邸を1年余りの歳月をかけて完成させた。
 慰子妃殿下は、完成した別邸で3ヶ月あまり、大正11年の避暑期間を御静養されたが翌年6月29日、60歳で薨去※(こうきょ)なされ、伏見宮家、閑院宮家、そして八条宮から京極宮を経たのちに桂宮を称した宮家と並ぶ、四親王家の名門・有栖川宮家は、江戸時代初期に創立されたその歴史に幕を閉じた。
その後は、天鏡閣と共に離れの日本間として、昭和天皇・今上天皇をはじめ多くの皇族を迎え入れ、皇室歴史に深く関わり現在に至っている。
 また、旧高松宮翁島別邸は、洋風建築別邸の(天鏡閣〉と共に、教育・文化の興隆に活用する趣旨のもと、昭和27年12月、高松宮殿下より福島県に御下賜され、福島県迎賓館として今日に至っている。建物の建築構造は入念にして堅実、その意匠は洗練され、建築史的・文化史的にも貴重なものであることから、平成11年5月に国の重要文化財に指定された。古い伝統的和風住宅の様式に準拠して建てられた皇族別邸として、全国的にも珍しい遺稿であり、福島県では保存・保護を図りながら、貴重な文化遺産を継承していくため、庭園を公開している。さらに、国の文化財としての価値を紹介するため、期間限定で特別公開を実施している。

※薨去:皇族・三位以上の人が亡くなること。

ページトップ

建物の概要

木造平屋建て589.7㎡(178坪)で、総体に江戸時代の上層貴族住宅、上層武士住宅の姿を伝えている。個々の建築構造は、入念にして堅実、その意匠は洗練され、妃殿下の御安息所にふさわしい典雅にして格調高いものになっている。
  造作材は、檜を主体とし、杉・赤松・欅を使い、柾目(まさめ)・杢目(もくめ)の貴重な銘木を多く用いている。
  主要座敷の意匠のうち、釘隠しや、襖類の引き手には高価な金具を用い、建物の内部に気品を添えている。また、床の間・床脇・欄間・書院・入側縁廊下・雪見障子等は、技術の粋を尽くした芸術品である。

竹の節欄間
竹の節欄間
中央廊下最上段には、妃殿下ご出身地に近い輪島の漆塗りで施された飾り欄間が、賓客を優しく迎え入れる。
松の間 松の間
上下二室より構成される。檜材四方柾の直線的な自然美から、座敷境の筬欄間(おさらんま)・輪郭を施す框(かまち)の工芸美をひきだしている。床の間造作材の年輪層曲線から花頭窓・建具類の面取りなど女性のたたずまいを印象づける。
梅の間 梅の間
内居間としての機能を持つ休息所である。松の間同様、壁に美濃紙を張り、押し縁を付けるが、この押し縁をはじめ、欄間の框・床框(とこかまち)・襖類の縁などすべて朱漆塗りを用い、ひかえめな平書院とあわせ、女性の書斎にふさわしい空間を演出する。
竹の間 竹の間
数寄屋風造り。壁に窓を穿(うが)ち、地下窓風の意匠から侘(わび)・寂(さび)の、茶の湯の世界へといざなう慰子妃殿下の私室である。

ページトップ

アクセス

所在地 福島県耶麻郡猪苗代町大字翁沢字畑田1072-4
地  図
他県からのアクセス猪苗代周辺
※新しいウィンドウが開きます。

ページトップ



〒960-8053 福島県福島市三河南町1番20号 TEL 024-525-4080 FAX 024-525-4097
E-mail soumu@tif.ne.jp