> ニュース&トピックス > 2016.03.23(水) 17:19 中国人大学生らが福島復興応援と視察のため福島県を訪問!

ニュース&トピックス

2016.03.23(水) 17:19 取材記事(教育旅行)中国人大学生らが福島復興応援と視察のため福島県を訪問!

「フルーツランド北会津 観光園 久ちゃん」でのいちご狩り

いちごを放射能測定器にかけ検査

鶴ヶ城では甲冑姿の侍と記念撮影!

福島県農業総合センターの資料を真剣に読み、理解を深める学生たち

 中国の大学生36名が復興を応援する目的で、会津若松市、郡山市などを訪問しました。「がんばれ福島!がんばれ中国!」と名付けられた本ツアーは、平成28年2月18日から19日の2日間の日程で行われ、今回で5回目を迎えました。
 取材に伺った19日は、農産物の検査状況を知る目的で「JAフルーツランド北会津」でいちごのシンチレーション検査(食品の微量放射能測定検査)の様子を視察し、職員の説明を熱心に聞き、本県の厳しい食品検査体制に感心している姿が見られました。その後、いちご狩りが行われ、自ら摘み採った新鮮ないちごを堪能していました。
 さらに郡山市の福島県農業総合センターでは、食の安全に関わる最先端の技術を視察し、学生から検査方法について質問が出るなど、関心の高さが窺われ、学生の皆さんは実際の検査の様子を見学し、本県の厳しい検査体制を実感していました。
 参加者の程旻(テイ・ビン)さんは「福島は風景が美しく、人々が親切で感動した。お昼に食べた会津の郷土料理の『わっぱめし』は、おいしさや安全性だけでなく、見た目の美しさにもこだわる日本人の美意識を感じた」と話してくれました。また参加者の繆伖枝(ミャオ・チャンチー)さんは「農家で大切に育てたいちごはとてもおいしかった。福島の震災は悲しい出来事だったが、この5年間の人々の努力と不屈の精神力を感じた。今後の福島の復興に期待したい」と話してくれました。
 今回の訪問では、関心が特に高い食の安全について理解を深めることができた有意義なツアーとなりました。

他のニュース&トピックス

対象件数 627件