> モデルコース > ホープツーリズム

モデルコース

ホープツーリズム

世界初の複合災害(地震・津波・原発事故・風評被害)を経験した唯一の場所。その事実、記憶、教訓からの学びは「震災・防災学習」の枠では収まらない。複合災害の教訓等から「持続可能な社会・地域づくりを探究・創造する」総合的・横断的な学び。

福島で感じる希望(ホープ)。それは明日の学びの原動力。震災・原発事故の被災地域をフィールドとした新しい教育旅行プログラム

ただいまモデルコース作成中です。

その他のモデルコース