> ニュース&トピックス > 2016.09.23(金) 17:05 練習に励む部員の姿はエンジン音とともに全開!!中央大学自動車部が二本松市で合宿を実施しました。

ニュース&トピックス

2016.09.23(金) 17:05 取材記事(合宿)練習に励む部員の姿はエンジン音とともに全開!!中央大学自動車部が二本松市で合宿を実施しました。

中央大学 練習車両

華麗なハンドルさばき

メンテナンス・整備も皆で協力

細かい箇所も先輩から指導

[日程]
平成28年9月5日から12日(7泊8日)

[学校名・学年・人数]
中央大学自動車部 32名

[来県市町村]
二本松市

[本県を訪れた目的]
1・2年生の運転技術などの強化と、かつ、社会で通用する人材を育てるための厳しい練習メニューをこなし、心身ともに鍛え上げることを目的。

[取材内容]取材日:平成28年9月7日 取材場所:くるまの遊園地エビスサーキット
同部の歴史は、第二次世界大戦の時は、日本軍の訓練の場でもあり、創部80年以上の歴史ある部活動。
また、8月に行われた全日本学生ジムカーナ大会で見事優勝に輝き好成績を残している。
練習中はエンジン音やタイヤの滑る音など大きな音が出るため、広い土地があり自然豊かな福島県で、継続して合宿を実施しているとのこと。
今回は、二本松市エビスサーキットにおいてジムカーナ種目の練習を行いました。

[部員のコメント①]
「エビスサーキットは大学生料金も設定されており、安くコースを借りて練習できるので選んだ。今回の合宿は1・2年生の強化合宿を目的としており、少しの油断が大けがに繋がるため、4年生として指導者の立場で責任ある行動をとりたい。」
  主将 仲田 大樹 さん(4年生)

[部員のコメント②]
「長い歴史、伝統のある自動車部として、運転技術のみならず、社会においても活躍できる後輩たちを育てたい。福島は夏が過ごしやすい気候であることや、関わった方々に優しく対応していただいた事が、好印象で今年も福島県を選んだ。来年度以降も継続して福島で合宿を行いたい。」
宮下 敬 さん(4年生)

[写真]

他のニュース&トピックス

対象件数 631件