> ニュース&トピックス > 2016.09.30(金) 13:47 ハードな長期合宿を乗り越え、目指せ箱根駅伝予選突破。日本薬科大学陸上競技部が西郷村で合宿。

ニュース&トピックス

2016.09.30(金) 13:47 取材記事(合宿)ハードな長期合宿を乗り越え、目指せ箱根駅伝予選突破。日本薬科大学陸上競技部が西郷村で合宿。

トラックでは持久力強化と安定した走りを意識してトレーニング (甲子高原こども運動公園競技用トラック)

チーム一丸となって箱根駅伝出場を目指します!

アップダウンにも臨機応変に対応する体づくりと走行技術を鍛錬 (甲子高原きびたきの森トレーニングコース

トレーニング後の仲間との団らん!

[日程]
平成28年9月9日から15日(6泊7日)

[学校名・学年・人数]
日本薬科大学陸上競技部(1~4年) 23名

[来県市町村]
西郷村

[本県を訪れた目的]
陸上競技部恒例の夏季合宿。箱根駅伝の予選突破を目標とした合宿のために来県。8月上旬から開始した東北・北海道地方での長期合宿を締めくくる最終地として、これまでのトレーニングで強化した技術の整理とクールダウンが目的。

[取材内容]取材日:平成28年9月13日
甲子高原こども運動公園の競技用トラックと、甲子高原きびたきの森トレーニングコースでのランニング。

[先生のコメント]
「甲子高原は涼しく、湿度が低いことがメリット。アップダウンのあるクロスカントリーコースと、競技用トラックでのトレーニングができる貴重な環境だ。この合宿で部員の筋力もあがり、身体面の調整も整ってきた。順調にトレーニングを重ねてきているので、箱根駅伝の予選に活かせればと思う。」
(安田亘監督)

[学生のコメント①]
「普段の街の中でのランニングコースと比べ、甲子高原はアップダウンが激しいので心身ともに刺激になった。さらに、森林と温泉で疲労回復が図れ、毎日集中してトレーニングができる。今回の合宿は、長期合宿の締めくくりとして最適な環境だった。1か月以上の東北・北海道合宿を乗り切ったことに自信を持ち、箱根駅伝予選会に挑みたい。」
(キャプテン4年 寺澤望さん)

[学生のコメント②]
「甲子高原の準高地を活かしたトレーニングで、心肺機能と体幹が鍛えられた。力むことなくリラックスしてトレーニングに取り組め、充実した合宿だった。福島で合宿を行ったことをバネにして、お世話になった方々のためにも、箱根駅伝予選会では力を発揮したい。」
(1年 土屋祐太さん)

[今回の訪問場所について]
・甲子高原きびたきの森トレーニングコース(西郷村)
https://www.tif.ne.jp/kyoiku/sisetu/disp.html?id=1027

他のニュース&トピックス

対象件数 631件