> ニュース&トピックス > 2016.10.14(金) 11:47 クルー一丸、呼吸を合わせパドリング!東京都の開成中学校高校ボート部が喜多方市で合宿。

ニュース&トピックス

2016.10.14(金) 11:47 取材記事(合宿)クルー一丸、呼吸を合わせパドリング!東京都の開成中学校高校ボート部が喜多方市で合宿。

リオパラリンピックのボート競技合宿地にもなった福島県営荻野漕艇場

大きなかけ声と共に、厳しいメニューをこなします

普段と違う景色の中で集中してトレーニング

クルー全員の息を合わせ、秋の試合にむけて最終調整!

[日程]
平成28年8月22日から28日(6泊7日)

[学校名・学年・人数]
開成中学校・高校(中学1年~高校2年) 48名

[来県市町村]
喜多方市

[本県を訪れた目的]
平成19年度から継続しているボート部恒例の夏季合宿として来県。
新メンバーの基礎技術と体力の向上がテーマ。
さらに高校生は、9月中旬に関東選抜東京都予選が開催されるため、大会出場へ向けた最終調整として今回の合宿に臨む。

[取材内容]取材日:平成28年8月25日
 福島県営荻野漕艇場にて、陸上での筋肉トレーニングと水上での実演トレーニング。
中学生は同施設に設置されているエルゴメーター(漕力測定器)を活用し、漕ぎのフォームやスピードを意識した筋力トレーニングを行いました。高校生は5人1組または2人1組となり、水上で乗艇トレーニングを行いました。

[先生のコメント]
「普段の風景と全く違うので新鮮味がありリフレッシュができる。集中力が高まるのでトレーニングにも好影響だ。水上コースも上流から下流まで広々と使えるので、生徒たちも安心してトレーニングができる。この快適な環境で集中して、大会への仕上げに努めたい。」
(村島秀卓さん)

[生徒のコメント①]
「自分自身もチーム全体も、この福島合宿で確実に漕ぎの質が良くなっていると感じる。福島は涼しく、朝早くても快適にトレーニングを行える。夏の合宿は来春まで響く重要な合宿なので、ここで磨いた感覚を大事にして記録の更新を目指したい。」
(高校2年 部長 的場拓海さん)

[生徒のコメント②]
「緑が多く、風景を楽しみながらトレーニングできる。今回の合宿では、クルーの結束力を高めることができた。次の大会では、クルー一同息を合わせて、先輩たちに劣らないくらい力強いプレイをしたい。」
(中学3年 小川泰生さん)

[今回の訪問場所について]
・福島県営荻野漕艇場
http://www.tif.ne.jp/gasyuku/shisetu_sports.php?s=129

[写真]

他のニュース&トピックス

対象件数 631件