> ニュース&トピックス > 2020.11.10(火) 08:30 栃木県の鹿沼市立北中学校が修学旅行で来県。当県の魅力を発信するためのCM動画の撮影を行いました。

ニュース&トピックス

2020.11.10(火) 08:30栃木県の鹿沼市立北中学校が修学旅行で来県。当県の魅力を発信するためのCM動画の撮影を行いました。

[日程]
令和2年10月22日~23日(1泊2日)

[学校名・学年・人数]
鹿沼市立北中学校 3学年 114名

[来県市町村]
1日目 いわき市
2日目 会津若松 等

[本県を訪れた経緯]
 当初予定していた関西方面への修学旅行が、コロナ禍のため日程及び方面の変更となり、福島県いわき市と会津若松方面において1泊2日の修学旅行を実施しました。
 同校は見学しながら修学旅行先である本県の魅力を紹介するCM動画作製を協働で取り組むことを課題に、生徒5~6人がグループ毎にタブレットを活用し撮影を行いました。

[取材内容]
 いわきら・ら・ミュウへ到着した一行は、当県のイメージキャラクター「キビタン」等に歓迎され、アクアマリンふくしまが映えるビューポイントで一緒にクラスごとの写真撮影を行いました。その後、アクアマリンへ移動し、グループに分かれて事前学習で準備してきた台本をもとにオリジナル溢れる動画撮影を協力し合いながら行いました。
 スパリゾートハワイアンズへ移動した一行は昼食を取った後、ハワイアンズの代名詞とも言える、迫力満点のフラダンスショーを見学。ショーの後は、当館の職員による、震災講話「震災復興プログラム」が行われ、東日本大震災と原子力発電所の事故による風評からどのように乗り越えてきたかについて聴講しました。そこには、過去に当館が、炭鉱を経営していた時代に培った「一山一家」の精神があり、あらゆる困難も、職員の皆が協力し合い、一丸となって取り組んできたことが、再起に繋がったことなどを話され、生徒の皆さんも、真剣な眼差しで話を聞いていました。

[生徒のコメント①]
「コロナの影響で、多くのことが制限されていたため、アクアマリンふくしまの生き物を見てとても癒された。フラダンスショーでも、お客さんを楽しませるために笑顔を絶やさず最後まで踊り切るダンサーのプロ意識が素晴らしいと思った。動画の撮影は、メンバー同士の息を合わせることや、台本通りに行うことが、思っていたよりも難しかったので、明日の鶴ヶ城ではより良いものが撮れるよう努力したい。」
(3年 女子)

[生徒のコメント②]
「動画撮影では、メリハリのある声を出すことが難しかったが、メンバーと協力し合いながら取り組めたことが自分にとって良い経験だと感じた。福島県は隣の県だが、スパリゾートハワイアンズなどの楽しい施設があることを初めて知ったので、今度は、改めて家族や友達と来たい。」
(3年 女子)

[生徒のコメント③]
「初めは動画撮影がうまくいくか不安もあったが、チームの皆と協力し合いながら楽しんで撮影に取組めた。他のお客さんの邪魔にならないようにするなどの気配りが難しいと思うこともあったが、事前学習で想定してきたとおりの動画が撮れたので満足している。明日は、皆が修学旅行を楽しんでいる様子も動画に収められるよう心掛けたいと思う。」
(3年 女子)

[先生のコメント]
「今回の修学旅行は“人を楽しませる旅行”とテーマを掲げており、生徒たちには“自分が楽しむためには、人を楽しませなければならない”ことを伝えてきた。生徒たちはこれから受験を控えておるため、今回の修学旅行では最高の思い出を作ってもらいたいという強いこだわりがあった。関西から福島県へ方面の変更と、日数を縮小するなど多くの課題があったが、今回は新たに福島県のCM動画制作という企画を取り入れてみた。この企画を通し、各グループで協力し合い、良く工夫して撮影に挑んでいる姿が見られた。この修学旅行を通して、生徒の努力する様子を見ることができ本当に良かったと思っている。」
(3学年主任 若松先生)

◎生徒が制作した福島県CM動画はコチラ!
https://youtu.be/10oKmgqz9Qg

他のニュース&トピックス

対象件数 560件