> ニュース&トピックス > 2022.09.22(木) 09:08 福島県SDGs探究プログラム【星の村天文台で見つける・考える・残していく 未来の星空】

ニュース&トピックス

2022.09.22(木) 09:08 その他福島県SDGs探究プログラム【星の村天文台で見つける・考える・残していく 未来の星空】

県内最大級の大型望遠鏡

■福島県SDGs探究プログラムとは
 福島県では、県内の教育旅行を通じてSDGsについて学べる「SDGs探究プログラム」を全38本造成しました。児童生徒に学んでほしいことや考えてもらいたいことがわかりやすく伝わるよう、見学や体験の構成を組み立てたプログラムになっています。福島県教育旅行の新たなコンテンツとしてご活用いただくため、毎月1プログラムをご紹介します。

■今月紹介するプログラムはこちら!
 福島県中通りの阿武隈高原に位置する田村市は、標高が約640メートルと高く、空気が澄みきっているため、美しい星空が見られることで知られています。同市にある「星の村天文台」は、星の美しさや不思議さ、楽しさを体験できるとあって、天文愛好家だけでなく、多くの観光客に人気の施設です。
 「星の村天文台で見つける・考える・残していく 未来の星空」では、プラネタリウムと口径が65センチと県内最大級の大きさを誇る大型望遠鏡で星空を見ながら、未来の星空を考えるプログラムです。「なぜ星空は見える場所と見えない場所が存在するのか」を出発点に、光害による影響やきれいな星空を将来へ残していくために必要なことを学びます。

◎「星の村天文台で見つける・考える・残していく 未来の星空」の詳細はこちら
https://www.tif.ne.jp/kyoiku/program/disp.html?id=658

■お問い合わせ先
星の村天文台
TEL:0247-78-3638
https://www.city.tamura.lg.jp/soshiki/20/

■福島県SDGs探究プログラムシート38本(PDFがダウンロードできます)
全38本のプログラムの詳細を掲載しています。SDGs「17の目標(ゴール)と169のターゲット」のうち、どれに該当しているかなど詳細を確認することができます。
https://www.tif.ne.jp/kyoiku/download/data/48.pdf

他のニュース&トピックス

対象件数 581件