> ニュース&トピックス > 2023.05.22(月) 08:43 「喜多方ふれあい農業田舎体験」に参加してSDGsに貢献!

ニュース&トピックス

2023.05.22(月) 08:43 その他「喜多方ふれあい農業田舎体験」に参加してSDGsに貢献!

みんなで力を合わせてリンゴの摘果体験

木工クラフト体験の作品(一例)

 会津地域で初となる「喜多方市カーボンニュートラル宣言」をし、総面積の約70%を占める豊富な森林を整備することで創出されたオフセット・クレジットを活用してさらなる森林保全に取り組んでいる喜多方市。
 同市で農業体験・農家民泊で多くの学校を受け入れている喜多方観光物産協会グリーン・ツーリズムサポートセンターでは、農家の仕事や生活が体験できる「喜多方ふれあい農業田舎体験」の体験料金の一部を、喜多方市内へのバス移動で排出された温室効果ガス(CO2)をオフセット=相殺するための料金として森林整備の費用に充てる新しい取り組みを始めました。体験終了後は学校へ気候変動の原因となる温室効果ガス排出の削減に貢献した証明書も発行されます。自然豊かな喜多方ならではの農業体験をきっかけに、SDGsに貢献してみませんか?

※カーボンニュートラルとは
 2050年までに日頃の生活や経済活動から排出される温室効果ガス(CO2)の排出を実質ゼロの状態にすること。実現に向け、植樹や間伐などの森林整備や木材利用など二酸化炭素の吸収量を増やす取り組みが必要。

※カーボン・オフセットとは
 カーボン=二酸化炭素をオフセット=相殺するという意味。「自ら削減できないCO2」を「ほかの場所で実現したCO2削減・吸収量の取組」で埋め合わせること。

※オフセット・クレジットとは
 カーボン・オフセットの取り組みに用いるクレジットで、CO2の排出削減や吸収量を取引できるよう数値化したもの。

■木工クラフト体験×カーボン・オフセット講話
 森林伐採により発生する間伐材を利用し、「もりの案内人」の講師を迎え、かわいらしい木工クラフト体験ができます。また、講師から「喜多方市の間伐材を利用したカーボン・オフセットについて」の講話も聞けるので、持続可能な森林保全について考えるきっかけにもつながります。
※受入人数;10~150名、要予約、別料金。詳しくはお問い合わせください。


■お問い合わせ
(一社)喜多方観光物産協会グリーン・ツーリズムサポートセンター
TEL 0241-24-4488
http://www.kitakata-kanko.jp/

◎喜多方市の脱炭素社会実現に向けたSDGsの取り組み(PDF)
http://www.kitakata-kanko.jp/greentourism/pdf/pdf_carbon_offset_2023.pdf

◎教育旅行プログラム「ふれあい農業体験」
https://www.tif.ne.jp/kyoiku/program/disp.html?id=113

他のニュース&トピックス

対象件数 631件