> 学習プログラム > No.348:福島県文化財センター白河館(まほろん)で原始・古代体験(白河市)

学習プログラム

No.348福島県文化財センター白河館(まほろん)で原始・古代体験(白河市)

県南施設見学

学びの狙い

「見て・触れて・考え・学ぶ」体験型フィールドミュージアムです。火おこしや勾玉づくりなどの体験活動は、県内外の多くの児童・生徒に親しまれています。また、遺跡からの出土品や、竪穴住居・前方後円墳などの実物大展示がある体験広場を楽しく見学しながら、先人の暮らしぶりや知恵を学ぶことができます。

プログラムデータ

エリア 県南
目的 施設見学
お問い合わせ福島県文化財センター白河館(愛称:まほろん)
〒 961-0835 福島県白河市白坂一里坦86
TEL 0248-21-0700
FAX 0248-21-1075
メールアドレス mahoron@fcp.or.jp
ホームページ http://www.mahoron.fcp.or.jp/
アクセス東北自動車道 白河I.C.から車約20分。JR白河駅、JR新白河駅から福島交通バス(白坂行き/白坂駅行き)または白河市巡回バス利用、「まほろん」バス停下車
一般旅行者の受入
受入可能期間休館日を除き通年(ただし、イベント等で団体受入が不可能な場合があります。事前にお問い合わせください。) 休館日:毎週月曜日(祝日の場合はその翌日 ※G.W.と夏休み期間中は開館)、祝日の翌日、年末年始 
受入可能時間9:30~17:00(入館は16:30まで)
一回あたりの人数120名程度(ただし、他団体の申込み状況や、体験の内容によっては受入可能な人数が変わります。)
一回あたりの所要時間見学コース、体験の内容により所要時間が変わります。詳しくはホームページを参照願います。
料金入館料:無料 体験料:体験プログラムによっては、材料費がかかります。
具体的な内容◆常設展示見学:昭和40年代から旧石器時代までの家の中の様子を再現した「暮らしのうつりかわり」や、昔の道具を復元展示した「暮らしをささえた道具たち」などの展示解説を行います。 ◆野外展示見学:「縄文時代の家」や「前方後円墳」など、ほぼ実物大に復元した6施設の展示解説を行います。 ◆企画展示見学:会期中のみになります。 ◆土器や石器にふれてみよう:様々な時代の土器や石器などを観察します。 ◆勾玉・管玉づくり:滑石を材料に古代の装身具を造ります。(材料費320~460円) ◆火おこしに挑戦:「舞ぎり」「もみぎり」の方法で昔の火おこしを体験します。(無料) ◆昔の道具にふれてみよう:復元した古民具などを手に取って観察、蓑(みの)・笠(かさ)などは、実際に身に着けてみます。(無料) ※詳しくはホームページを参照いただくか、まほろんまでお問い合わせ願います。
備考学校など団体利用で、展示解説や体験学習を希望される場合、事前予約が必要となります。詳しくはホームページを参照願います。

アクセスマップ

同じ条件の体験プログラム

エリア検索※省略時はすべて対象になります。

カテゴリ検索※省略時はすべて対象になります。

学習内容
受入れ人数
キーワード

対象件数 432件

1~8件