> 学習プログラム > No.605:福島ロボットテストフィールド 研究棟の見学(南相馬市)

学習プログラム

No.605福島ロボットテストフィールド 研究棟の見学(南相馬市)

相双施設見学産業・キャリア体験

学びの狙い

施設の利用拡大やロボット産業集積、人材育成等、福島イノベーション・コースト構想推進に向けて、企業・自治体・小中高生、関係団体等の見学の受入れを行っています。

※ロボットテストフィールド…物流、インフラ点検、大規模災害などに活用が期待される無人航空機、災害対応ロボット、自動運転ロボット、水中探査ロボットといった陸・海・空のフィールドロボットを主対象に、実際の使用環境を拠点内で再現しながら研究開発、実証試験、性能評価、操縦訓練を行うことができる、世界に類を見ない一大研究開発拠点です。

※福島イノベーション・コースト構想…東日本大震災及び原子力災害によって失われた浜通り地域等の産業を回復するため、新たな産業基盤の構築を目指す国家プロジェクト。廃炉、ロボット、農林水産、エネルギー、環境・リサイクルの各分野におけるプロジェクトの具体化を進めるとともに、産業集積や人材育成、交流人口の拡大等に取り組んでいる。
福島イノベーション・コースト構想について詳細はこちら
https://www.fipo.or.jp/

プログラムデータ

エリア 相双
目的 施設見学、産業・キャリア体験
お問い合わせ福島ロボットテストフィールド 研究棟
〒 975-0036 福島県南相馬市原町区萱浜字新赤沼83
TEL 0244-25-2474
メールアドレス robot1@fipo.or.jp
ホームページ https://www.fipo.or.jp/robot/
アクセス常磐自動車道 南相馬IC(車15分)
一般旅行者の受入不可
受入可能期間通年(定休日:土曜日、日曜日、祝日、年末年始)
受入可能時間9:30~11:30 13:30~16:00
一回あたりの人数コロナ対策により20名程度まで(通常40名程度)
一回あたりの所要時間30~60分
料金無料
具体的な内容○対応学齢:不問

○見学の流れ
①施設等概要の説明(10分)
②施設概要動画鑑賞(5分)
③質疑応答(5分)
④研究棟見学(専用通路からの各研究室見学)(10分)
ご希望により、
トイドローンの操作体験(20分)
※見学者20名前後に対して1名のガイド付き
備考○申し込み方法(予約制)
見学日の2週間前まで受付
申込用紙:https://www.fipo.or.jp/robot/tour_procedure
TEL:0244-25-2474
mail:robot.info@fipo.or.jp

○設備
手指のアルコール消毒にご協力ください。
ご来場いただいた服装のまま見学が可能です。

○注意点
研究所の写真撮影一部禁止。
発熱などの症状がある方は、入場をお断りする場合がございます。
海外旅行者の受入不可

緊急連絡先※受入が可能か事前にご確認のうえ、受診してください。

緊急連絡先病院名: 南相馬市立総合病院
 福島県南相馬市原町区高見町2丁目54−6
 TEL 0244-22-3181
(車5分)

同じ条件の学習プログラム

エリア検索※省略時はすべて対象になります。

カテゴリ検索※省略時はすべて対象になります。

学習内容
受入れ人数
キーワード

対象件数 460件

17~24件