> 学習プログラム > No.546:株式会社 Jヴィレッジ(双葉郡楢葉町)

学習プログラム

No.546株式会社 Jヴィレッジ(双葉郡楢葉町)

相双ホープツーリズム

学びの狙い

■新生Jヴィレッジについて震災から再開するまでの経緯について講話と施設の案内

プログラムデータ

エリア 相双
目的 ホープツーリズム
お問い合わせ株式会社 Jヴィレッジ
〒 979-0513 福島県双葉郡楢葉町山田岡字美シ森8番
TEL 0240-26-0111
FAX 0240-26-0112
ホームページ https://j-village.jp/
アクセスJR常磐線「Jヴィレッジ駅」から徒歩5分
受入可能期間年中無休
一回あたりの人数Jヴィレッジホール約170名まで その他 要相談
一回あたりの所要時間30分~60分
料金無料(施設利用をお願いします。)
具体的な内容■新生Jヴィレッジについて震災から再開するまでの経緯について講話と施設の案内
 Jヴィレッジは、1997年に日本初のサッカーナショナルトレーニングセンターとして開設以来、W杯サッカー日本代表のトレーニングキャンプをはじめ、各種カテゴリーの大会・合宿等で多くのチームに利用されてきたが、2011年3月11日に東日本大震災の発生に伴い、 原子力災害の収束拠点と使用されていた。その後、東京オリンピック・パラリンピックの開催が決定したことから、弊社は、「福島復興のシンボル」として役目を担うことになり、2018年7月28日に一部再開し、2019年4月20日に全面再開となった。


  
■新生Jヴィレッジの概要
・施設面積は東京ドーム10個分となる49ha
・観客席付スタジアムを含め天然芝ピッチ8面、人工芝ピッチ2面、全天候型練習場、雨天練習場、ホテル(総客室数200)、フィットネスジム、アリーナ、プール、約730台収容駐車場
備考■2019年4月20日にグランドオープン。

■それに合わせてJヴィレッジに直結するJR常磐線「Jヴィレッジ駅」が新たに開業

■サッカーのみならず、他のスポーツ団体、教育旅行、企業研修等に広く活用されている。

アクセスマップ

同じ条件の学習プログラム

エリア検索※省略時はすべて対象になります。

カテゴリ検索※省略時はすべて対象になります。

学習内容
受入れ人数
キーワード

対象件数 428件

1~8件